ホーム > 事業紹介 > 建築計画/診断・評価

事業紹介

環境アセスメント

法律に基づいた環境アセスメントに関する現地調査・準備書作成・住民説明・評価書作成等の業務全般を行います。また建物完成後に事後調査を行います。

イメージ画像

自然環境調査

建築物などを建設する前の計画時点で、環境に影響を与えると想定される動物・植物などに関する調査全般を行います。

イメージ写真イメージ写真

風環境調査

建物が建設されることにより、建設前と建設後に風が周辺環境に与える影響の違いについて、事前に風洞実験を行って調査します。風洞実験を行う前には気象庁のデータを基礎としますが、現地で事前・事後に風向や風速計を設置して調査することも行います。

イメージ画像

屋上劣化診断

屋上床面の高圧ブロック、防水モルタル、排水溝、設備基礎、階段、タラップ、排気筒、導波管など、各部における鉄部の劣化を調査し、補修方法を提案します。

イメージ写真イメージ写真

外壁劣化診断

外壁コンクリート躯体や仕上げ部材等のひび割れ、モルタル・タイルの浮き、雨水浸透状況、外壁目地および外部建具廻りのシーリング材などの劣化状況を調査し、原因の推定ならびに補修方法を提案します。

イメージ画像イメージ写真

構成材劣化診断

建物構成材の診断は、リニューアル計画などで特に重要な屋上と外壁が中心ですが、その他の構成材についても必要に応じ劣化診断の対象とします。