ホーム > 事業紹介 > 建築構造/診断・評価

事業紹介

耐震性能評価

建物や鉄塔などの構造物や収容する設備機器・情報流通装置等について、強度試験、耐震試験、振動特性調査やコンピュータによる数値解析などを実施。装置に作用する地震力、地震時の振動性状、破壊強度等のデータに基づいて耐震性能を総合的に評価します。

イメージ写真フローチャートイメージ

耐震診断

1995年の阪神・淡路大震災では多くの建物が被災しましたが、統計調査によると、その中でも倒壊・全壊被害は1981年以前の旧建築基準法によって設計された建物に集中していました。これは、設計地震力を現行基準法より小さく規定していたため。耐震診断は、設計図と現地調査による情報に基づいて耐震性能を確認し、あわせて補強の必要性も診断します。

イメージ画像イメージ画像

構造耐久性能診断

鉄筋コンクリート建造物は、中性化、ひび割れ、塩分の浸透、鉄筋腐食などによって劣化していきます。構造耐久性能診断は、劣化の状況を調査することで耐用年限を算出し、劣化進行速度が標準よりも早いか遅い かも確認し適切な対応策を立案します。

イメージ画像イメージ画像

学校施設耐力度調査

学校施設を「構造耐力」「老朽化の度合」「立地条件による影響」の3項目について調査。「耐力度調査票」に従ってそれぞれ点数を付け、総合的に建物の老朽状況を評価します。


耐風性能評価

建物・鉄塔等の構造物やアンテナなどの搭載物について、強度試験、風洞試験、振動特性調査やコンピュータによる数値解析等を実施。これらの結果より得られた風による圧力、風による振動、破壊強度などのデータに基づいて耐風性能を総合的に評価します。

イメージ画像イメージ画像