ホーム > 事業紹介 > 都市・建築環境/診断・評価

事業紹介

省エネルギー診断

建物のエネルギー使用状況を分析・評価します。他の同様の建物との比較などにより、問題があれば改善を提案。また、省エネルギーに関するコンサルティングも実施します。

ICT装置収容室の環境測定・分析

ICT装置収容室(データセンタ)の環境測定・分析を実施し改善提案・省エネルギー提案を実施します。

写真イメージ

温熱環境・室内空気質の診断

温度、湿度、気流、放射温度によって構成される温熱環境、および知覚性空気質に関し、居住者の快適性の観点から診断・評価します。

写真

建築設備の機能・性能の診断

建築設備の機器やシステムの様々な機能、性能が、設計の意図通り発揮されているかということを劣化状況との関連などにより診断・評価します。

写真

建築設備機器劣化診断

目視や各種測定器を用いて建築設備機器の劣化状況を調査し、劣化の程度を診断します。

イメージ写真イメージ写真

設備配管劣化診断

配管の残存肉厚の測定やサビこぶの有無、閉塞状況を調査して余寿命を診断します。配管の状況により超音波調査、X線調査、内視鏡調査および切断サンプリング調査の中から最適な方法を選択。超音波調査とX線調査は断水の必要がなく、建物の機能を止めずに診断することが可能な手法です。

イメージ写真イメージ写真

水使用量診断

水使用量について適切かどうかを調査・診断。また、漏水の有無のチェックや節水システムの計画立案なども行います。

写真