ホーム > 事業紹介 > ICT電源システム技術/コンサルティング

事業紹介

パワーエレクトロニクスに関するコンサルティング

企業を取り巻く急激な環境変化にすばやく対応し、新たなビジネスチャンスを見つけるため、パワーエレクトロニクス技術やクリーンエネルギー技術・省エネルギー技術に関するシステム評価・コンサルティングを行います。

情報・通信用電源の規格・基準に関するコンサルティング

世界の通信システムや情報システムの電源規格、設計基準に関する調査結果を元に、用途ごとに必要となる電源設備の仕様についてコンサルティングを行います。

イメージイメージ

電源直流化に関するコンサルティング

通信用電力供給に使用されている信頼性の高い直流電源をデータセンター設備の電源として適用した場合の、交流給電方式との差異を明確化し、信頼性の高いデータセンター用電源構築を提言します。

イメージイメージ

蓄電池に関するコンサルティング

蓄電池に関する各種技術動向調査を実施し、方式、ツール、設備の提案を実施。また、保守や安全性に関してもコンサルティングします。また、お客さまの要望によって以下の業務も実施します。
・蓄電池の劣化診断方法、組電池中の内部抵抗の測定方法等、蓄電池の保守全般に関するコンサルティング。
・新型蓄電池の特性や信頼性・安全性を評価するための評価項目・方法の提案、試験データの評価など。


電源システムに関する技術調査

目覚ましい勢いで進歩する電子技術、経済性・機能性など、市場が必要とする技術に素早く対応し新たなビジネスチャンスを見つけるため、電源設備に関する文献調査、最新情報収集のための展示会・学会への出張調査、ヒアリングなどを行い、技術の現状把握や将来展望を提言します。
・電源設備監視制御システムに関する技術調査
・通信用電源システム、情報機器用電源システムに関する技術調査
・スイッチング電源に関する技術調査
・電源・エネルギー設備エンジニアリング技術調査


UPS・整流器に関する技術調査

UPSや整流器の技術動向や特性調査を行うと共に、それらに用いられている蓄電池の劣化状況・使用環境調査や新型電池に関する技術調査を実施します。


EMC(電磁環境両立性)に関するコンサルティング

雷害やビル内のEMC(電磁環境両立性)問題について、専門的見地から分析・実地調査・試験を行い、原因究明、対策方法等を提案します。

イメージ画像イメージ画像