ホーム > 事業紹介 > ICT電源システム技術/診断・評価

事業紹介

電力変換装置の性能評価

整流装置、UPS、コンバータ等の電力変換装置の性能・機能調査および特性試験を実施。また負荷特性や伝導雑音などの特性評価も行い、電力変換装置の負荷設備に対する適合性評価を行います。

イメージ写真

電力貯蔵システムの性能評価

夜間に電力を貯蔵して、昼間に放出する電力貯蔵システムについて、蓄電池の充放電状況その他の運転データの収集・解析を行います。


蓄電池安全性評価

ニッケル水素蓄電池、リチウムイオン二次電池、リチウムポリマー電池など携帯機器用小形電池の過充電試験、内部短絡試験(釘刺し試験)等、安全性評価試験を実施し、試験データの解析・コンサルティングを行います。

>> 安全性評価試験の詳細についてはこちら

イメージ写真

蓄電池劣化診断

蓄電池の劣化状況を把握し、適切な時期に取り替えができるようにするため、容量試験、起電力の測定、内部抵抗の測定等を実施し、診断します。

イメージ写真

エネルギーデバイスの性能評価

リチウムイオン電池や電源装置、さらにはマイクロ燃料電池など、モバイル機器用を始めとしたエネルギーデバイスについての安全性や寿命、効率、EMC等の評価を実施します。

イメージ写真

測定器性能評価

電池の内部インピーダンスと容量との関係を利用した劣化判定装置ほか、各種蓄電池保守ツールの性能評価を行います。


蓄電池フィールドデータ解析

現用蓄電池の各種フィールドデータ(FDCなど)を収集し、電池の専門家が解析・改善提案を行います。