ホーム > 小形電池安全性能評価試験

小形電池安全性能評価試験

携帯電話、ノートPC、PDA、携帯音楽プレーヤー、携帯型ゲーム機などポータブル電子機器の市場が広がりを見せる中、これらに搭載されている電池の発火事故やリコールが多発しています。小形電池の安全性に配慮することは、各メーカーにとって危急の課題です。NTTファシリティーズ総合研究所は、各種小形電池を対象に、釘刺し、圧壊、加熱、過充電、外部短絡などの試験を専用試験場で実施し、安全性の評価試験を行います。

評価対象電池

各種携帯機器用小形電池(円筒形、角形、ラミネートタイプ等)
●リチウムイオン電池
●ニッケル水素電池
●鉛蓄電池
●その他新型電池(ご相談に応じます)
※大形電池の研究開発における、小形電池による基礎検討も可能です。

適用規格
●JIS C 8714:2007(携帯電子機器用リチウムイオン蓄電池の単電池及び組電池の安全性試験)
●電池工業会指針 SBA G 1101-1997リチウム二次電池安全性評価基準ガイドライン
●UL1642(リチウム電池)
●IEC61960-1(携帯機器用アルカリ二次電池ほか非酸性電解液を含む二次電池、リチウム二次電池)

釘刺し圧壊試験用プレス装置写真

釘刺し圧壊試験用プレス装置

釘刺し・圧壊試験制御コンソール写真

釘刺し・圧壊試験制御コンソール

試験場所

評価試験は下記の専用試験場で行います。

NTTファシリティーズ総合研究所 野田試験サイト
千葉県野田市