ホーム > データセンター(iDC)総合診断・整備計画立案サービス

データセンター(iDC)総合診断・整備計画立案サービス

データセンター(iDC)総合診断・整備計画立案サービス

データセンター、電算センター、サーバールーム等では、IT装置の高性能化・高密度化に伴う消費電力や発熱量の増加、IT装置の大型化・重量化が進んでいます。このような状況の中で、アップタイム(IT装置やシステムが稼動している時間)の中断が許されない情報サービス提供のためには、電源信頼性の確保、温湿度環境の維持、防災対策、セキュリティ対策などを行っておく必要があります。

当社ではNTTグループをはじめとするデータセンターに関する豊富な経験をもとに、データセンターのファシリティ(建物・電力設備・空調設備等)について、遵法性評価に加え、信頼性評価、性能評価を定期的に行い、これらの診断評価結果を基に総合的な視点から整備計画の策定を行います。計画的な整備を行うことにより、安心・安全で信頼性の高いファシリティを実現しながら、TCO※1を低減することが可能になります。

※1 TCO:total cost of ownership、システムの導入・維持・管理などライフサイクルを通じての総経費

■データセンター(iDC)総合診断・整備計画立案サービスの概要

  ○遵法性評価
   ・現行関係法規との適合性を
     調査・判定
   ・違法状態、既存不適格状態
     を判定

  ○信頼性評価
   ・インフラシステム構成を調査
   ・経年による物理的、機能的
     劣化を診断
   ・インフラ信頼性を評価

  ○性能評価
   ・各種データセンター基準との
     比較・評価
     (情報システム安全対策
     基準、TIA※2データセンター
     規格等への適合性評価)
   ・スケーラビリティ(拡張性)
     評価
   ・地球環境保護対策(CO2
     排出量等)評価

  ○整備計画の策定
    ・各診断結果に経済性、効率性の観点からの評価を加えて改善項目を
  抽出し、最適化に向けた整備計画・運用計画をご提案

※2 TIA:米国通信工業会

IT装置収容室
IT装置収容室
信頼性評価レーダーチャート
信頼性評価レーダーチャート

総合診断メニューはフルセットでも個別メニューのみの実施でも対応可能ですので御相談ください。

 本件に関する問合せ先
■株式会社NTTファシリティーズ総合研究所 建築FM技術本部 環境技術部
 〒105-0023 東京都港区芝浦1-2-1 シーバンスN館12階
 TEL:03-6414-6188